銀行からの借り入れが総量規制の対象外です

総量規制によって年収の1/3以上の借り入れができなくなってしまいました。年収が300万円だと100万円までしか借り入れができなくなってしまうのです。すでに年収の1/3以上の借り入れがある人は追加で借り入れができなくなってしまいました。

総量規制の対象となるのは消費者金融、信販会社、クレジット会社、事業者金融会社などで、銀行からの借り入れは対象外なのです。住宅ローン、自動車ローン、医療費ローンなども総量規制の対象外になります。

みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などはもちろん、楽天銀行、住信SBIネット銀行などが提供しているカードローンも総量規制の対象外となり、年収の1/3以上の借り入れが可能です。

ただし、モビットなどは三菱東京UFJ系列だからといって総量規制の対象外にはなりません。モビットはあくまで銀行系の消費者金融です。総量規制の対象となります。

銀行系カードローンのメリットは総量規制の対象外というだけでなく、消費者金融に比べ低金利であること、限度額も500万円、700万円と高いこと、保証人・担保が不要な点などがあります。

自動車やバイクの購入資金としてもぴったりですし、高限度額を活かしておまとめで利用するといった方法もあります。複数の業者から借り入れがあり、多重債務状態に陥っていた人にはおまとめローンをおススメします。

▲ ページの先頭へ